2017/11/21 16:26

縁があって手元に届いたUnion Specialを紹介します。
これは、NYのヴィンテージミシンを使ってデニムブランドを展開している友人から譲ってもらいました。
1920年代生まれの大先輩です。
一緒に写っているPAYDAYはレーベルからして1950年代ですので、デニムの歴史はミシンの歴史とリンクして発展してきたことを実感します。
Union Specialのヴィンテージミシンはかなり在庫が少なくなってきている様で、純正のパーツを多く残した物自体が非常に少ないとのこと。
ちなみにウチにきたUnion Specialはかなり状態良く純正だそうです。
タイとかで出てくるものはBODYの色自体も塗りなおしちゃってたり、、、
素人目にはなかなかわかりません。
近々、モーターとミシン台を整備して調整に入ります。
PAYDAYの裾上げも、サービスでUnion Specialで上げていきたいと思います。
こうご期待です!

  • Home
  • About
  • Blog